会社員

【事務】会社員が直面する仕事での失敗と教訓

社会人4年目のたまもぅです

仕事で失敗して怒られる…

おそらく誰もが通る道だと思います

僕も最初のころは毎日3回くらい怒られていたのでしんどかったです。。

同じ失敗を繰り返さないためにも教訓として書いていきたいと思います


 

こんな失敗してきました

  1. スピードが遅い
  2. 言われたことをやらない
  3. 応用が効かない

 

1、スピードが遅い

僕自身が遅いのもあるかもですが、これを言われる時が多いのが

・同時にできるものを片方ずつしかやらないとき
・そのとき聞けば良いものを聞かずにまた聞かなければならないとき
・その業務に慣れていないとき

これらのときですね

まあ結論から言えば全体像を掴めていないってことになります

よく本などでその仕事を行う目的を考えて行動しようとありますがまさしくそのことだと思います。どうしても作業に追われてしまうので目の前のことしかできなくなりがちです。

僕は集中力はあるほうだと思っているので同時並行に物事をやるのが苦手なんですよね。

・事務所から郵便物を取りに行って戻ってくる。
・コピー用紙を取りにコピー機へ行って戻ってくる。
・電話で要件を聞いてそのまま切る。

できる先輩上司を見てると忙しい中でも同時並行に勧められていてすごいなぁって思います。

・事務所から郵便物を取りに行くついでにゴミ出しを行い、倉庫の状況を一通り確認する。
・コピー機で用紙を取って、溜まっている印刷物に一通り目を通し、対応する。
・電話で相手からの伝達事項で不明点があればその場で聞いて一回の電話で終わらせる。

見ていて思うのがその行動をする前に一端立ち止まって考えているんですよね。

ついつい最初は勢いにまかせて突っ走ってしまいますが、一度立ち止まってから突っ走ったほうがより効率的に成果が出せるでしょう。

突っ走りがちの方はこの本をお勧めします。
分かりやすくまとめられていて読みやすいので良いです。


 

2、言われたことをやらない

それで怒られるのは当たり前でしょって思われるかもしれません。
僕も思いました(笑)

でもこれに直面しているときは何でやらなかったんだとめっちゃ自分を責めてしまいます。

・言われたことを忘れた
・やるべきときを待っていたらタイミング逃した
・できなかった

・言われたことを忘れた


これはなかなかやばいですね。でも一遍にたくさん言われてしまうと忘れてしまってよりによって一番やって欲しかったことを忘れてしまったりします。

そうならないためには…「メモ」しかないです(笑)
僕は裏紙にメモしまくってます。
終わったら大きく✖していくと達成感あるのでおすすめ!

・やるべきときを待っていたらタイミング逃した

「これはいますぐでなくても大丈夫だな」と思ってときを待っていたら

担当者が帰ってしまってたり、
予想以上に時間がかかったり、
先方の時間切れで後日の対応になったり、

なんでもすぐやるのは難しいので優先順位をつけて上からあーだこーだ考えないでやる!

ってスタイルだとストレスも溜まらないので良いですよ。

・できなかった

その時点で報告すべし。
ただしすぐに報告するのではなく、足掻いたうえで報告しよう。

〇〇したり、△△したりして手を尽くしてみましたができません。
って素直に言えば嫌味は言われるかもしれませんが、少なくとも次へは進めますし、
足掻いた分だけ幅が広がります。

できないで止まっていたら時間が立つほどに苦しくなるので早くラクになりましょう。

3、応用が効かない

よく言われます。

「紐づかねぇな」「もっと興味もて」

普段やっている業務で金額が変わったり、経路が変わったり、繁忙期などで少し変わったりするとできなくなってしまうことがあります。
意識せずにそのまま対応していると月末で数字が合わなくなり、訂正にひと手間が必要になってしまいます。

作業になってしまうとそういったミスへと繋がってしまうのです。
ここでも目的は何なのかを意識して対応できればまた違う仕事ができるかと思います。

またそのまま対応だと最後の訂正のひと手間は自分へと跳ね返ってきます。
自分自身のためにもいかにしてそのミスを起こさない工夫をしていきたいですね。

 

失敗して怒られるうちが花と言いますが、同じ失敗はなるべくしないように明日も頑張りましょう!

では

ABOUT ME
たまもぅ
たまもぅです。 社会人4年目 自身の行動記録のようにつらつらと発信していきます。